画面サイズに合わせて出力する映像を自動補正(動画)[DC EXPO 2008]

こんな機能が搭載されたら、ポータブルで映画を観るのもありかも。

PSP、DS、iPhone、携帯電話などなど、みなさんはポータブルサイズのもので映画を観ることってありますか? 鑑賞環境が多様化したことで、1つのコンテンツをあらゆる画面サイズで観るのってどうしても限界がありますよね。大スクリーンで観る映画をPSPで観ようとはいまだに思えません…。

そこでこの「ユニバーサルコンテンツ」です。コンテンツを作り直さず、視覚効果に補正をもたらしてくれる技術です。

構造は3DモデルからCG映像が創られるように、あらかじめカメラワークやナレーションを仕込んでおくことで受動的な鑑賞が可能になるということ。動画のように、ダイヤルを操作してパラメータを調整すれば、画面サイズに合った視聴効果をもたらすのではないか、ということですね。

ケータイ電話ぐらいのサイズになると、これぐらいの補正はほしいものです。

DIGITAL CONTENT EXPO 2008

(yuka)

【関連記事】

ゲーマーに180度の視覚(+頭痛)を与える「jDome」(動画)

「Shape of Songs」:音楽を視覚化する

プリミティブに音を視覚化(動画)