自分の発した言葉に包まれてビデオチャット(動画)[DC EXPO 2008]

九州大学砂田研究室より。

ビデオチャットのコミュニケーションを活性化させるためのコンセプト「Face Code Communication(FCC)」です。ただ写った映像を送るのではなく、自分が発した言葉で自分を形作った映像を送る、という面白い試みのソフトウェア。会話バランスを可視化することで、会話を促すという目的ですね。

アルゴリズムはというと、「立体化デフォルメ映像表現システム(BDMS)」を使用。BDMSとは、WEBカメラから入力した映像を擬似的に立体化して、デフォルメ映像として出力するシステム、だそうです。その出力の表現方法が音声認識ソフトによって表れる「あなたの言葉」。

しゃべればしゃべるほど、映像が精細に描写されていくんですよ! シンプルだけど、すごくエキサイティングです。

展示は「デジタルコンテンツエキスポ2008」にて。

おまけで、会場入り口にあった「DIGITAL EARTH」の動画を以下においておきますね。水の地球を歩いているみたいでした。

 

DIGITAL CONTENT EXPO 2008

(yuka)

【関連記事】

火種をにおいで嗅ぎ分けるロボ「T2-4」です

東大にはレゴ部がある

笑いを測定する器械 を 関大が開発