人工知能実現へまた一歩:Elbot、チューリング・テストを25%突破する

人工知能実現へまた一歩:Elbot、チューリング・テストを25%突破する 1
また、マシーンがお利口さんになりました。

Elbotと名づけられたコンピューターは、人間になりすまして本物の人間と話す実験で25%の成功率を達成したのです。少しでも、コンピューターじゃなくて人間と話してると思わせることができたなんて、すごいです。

この実験は、数学者のアラン・チューリングさんが考え出したもので、チューリング・テストと呼ばれています。これは、人間が見えない相手に問いかけをして、その返事の内容が機械か?人間か?を判断するというテストで、感情的な反応もできて、人間と区別ができなければ、機械が知性をもっていることになる。という人工知能の実験です。

今回、この実験には6つのコンピューターがテストに臨みました。コンピューター達は、少なくとも一人の質問者に他の人間と話してると感じさせることに成功したようですが、どれもチューリングの厳しい基準をパスすることはできませんでした。

チューリング・テストは「感情を理解する」事をテストするもので、成功率が30%に達しないとパスできないそうです。ということは、今回のElbotの25%というのは、なかなか注目すべき成果をあげたかんじですよね。

レディング大学のロボット学者ケヴィン・ウォリックは、とにかく興奮して、1997年にIBMのBig Blueが、チェスマスターのガルリ・カスパロフを破った時を引き合いにだし、「2つのマシーンが、初めてチューリング・テストに合格するレベルに、非常に近づいていた、とても刺激的な日でした」とコメントしました。

成功率25%というのは確かに、かなりインパクトのある情報ですが、もしかしたら、人間がコンピューターと話していると分かっていたとしても、そのコンピューターが繰り広げた会話の出来栄えの良さも、注目すべき素晴らしいポイントかもしれません。

「今日の結果は、ただ単に1つのマシーンが基準をパスするかしないかという事だけでなく、もっと複雑な意味を示していると思います。マシーンが人間の質問者によって機械であると正確に確認された場合でも、各マシーンの会話能力は80%および90%の得点していたのです。つまり、このデモンストレーションは、マシーンが私たちと快適にコミュニケーションできるようになるというマイルストーンに、近づいてきていることを実証してくれてるんです。最終的にマシーンは人間にとって、もっと身近になり、私たちの日常の生活のなかで積極的な役割を果たすという新しいフェーズが到来することを告げています。」

リアル「AI」な世界がくるのかも!?

[Telegraph]

Jack Loftus(原文/訳:junjun )

【関連記事】

Rock! なロボット「ジョー」は、人間より理性的!?(動画)

バンダイ「ネットタンサー」:ネットから操作できる組み立て式ロボット

子どもを模したロボット「CB2」