より多芸になった「Elmo Live」(動画)

笑い転げて起きるエルモが、ラップもダンスもお話もできるエルモになって新登場。大恐慌が来ても来なくても今冬クリスマスのおもちゃ屋に並びますよ(日本発売は?)。

さっそく我々も米国で発売になったくすぐりエルモ(TME)の新製品「Elmo Live」を1匹調達して、そのMC技、ジョーク、ハグ能力を隅々まで検証してみました。

タッチのツボは足、おなか、背中、鼻の計4ヵ所にあり、押す場所に応じて異なる芸を披露します。

ではまずは鼻の芸から見てみましょうか。毛むくじゃらの手がヌッと伸びてきて鼻捻るたびにくしゃみしたり、「got your nose(鼻取っちゃった)」というお遊びやって面白いですよ。前のエルモと比べてどうでしょう?

 

やっぱり読み聞かせは得意中の得意。座って立って口あけて両腕をバタバタやって、もう上機嫌です。お話のレパートリーが2通りしかないのが、ちょっと物足りないですけど。

はいはい、ラップもおまかせ~。定番『Elmo's Gotta Get On Up』も。背中押すとありとあらゆる気味悪い愛らしい言葉を語ります。 ハグして、とか。痒いとこ掻いて、とか。エルモ、実は粘着かも。

平常価格60ドル。売り切れたらeBayで何百ドルという値がつくんでしょうかね? 前のエルモほどギュッと抱き締めたくなるような感じじゃないし、インタラクティブでもないですね。スーパーで奪取り合戦の挙げ句いい年こいた大人が脅迫、とか、そういう事件性はないような。ていうか、触ったらあとは座って芸を眺めるだけなので僕はすぐ飽きちゃいました。あとモーターの音が声と同じぐらいうるさいので、これで魅力半減です。

でもキッズは約1名カメラに釘付けな子を除いてみんな大喜びだったので、子どもが欲しがったら、買っちゃうかもね。

Fisher-Price Elmo Live

Benny Goldman(原文/訳:satomi)

予約 アメリカ 新発売 US版 マテル セサミストリート ライブ エルモ
セサミストリート ライブ エルモ

楽天で詳細を見る

【関連記事】

エルモが芸達者すぎるようです(動画あり)

エルモ、ジェームズくんを殺すと連呼する(動画)

炎上するエルモ(動画)