[Giz Explains]なぜ新MacBook Proには、グラフィックスカードがダブル搭載されているのか?

[Giz Explains]なぜ新MacBook Proには、グラフィックスカードがダブル搭載されているのか? 1

2つも要らんから、もうちょっと安くならんのかいな…

わりと地味目のアップグレードにとどまった、Appleの新「MacBook」および「MacBook Pro」の発表でしたが、ちょっとその内容に意味不明のところがあると感じたのは、私だけでもないと思うのですが、いかがなものでしょう?

だってね、MacBook Proは、これまでのモデルと比較しても、わずかではありますが、縦横のサイズは大きく、しかも若干ですが重くなってるんですよ。で、その原因は何なのかと探ってみますに、ちょっと思い当たることがありました。

グラフィックス性能という面で、ついにIntelのグラフィックスカードやチップセットには別れを告げ、心機一転して、Nvidia製のチップセットとGPUを統合した「GeForce 9400M」を採用したのは大歓迎なんですけど、なぜかMacBook Proには、これに加えて、同時に「GeForce 9600M GT」も搭載され、グラフィックスカードは豪華なダブル構成!

でも、こうする大きなメリットって、何かあるんでしょうか…。そう思っちゃった皆さま、今回のGiz Explainsでは、この謎に迫ってみました。ぜひぜひ続きをご覧あれ。

 なぜ新MacBook Proには、GeForce 9400MとGeForce 9600M GTが、ダブル搭載されているのか…。そのまずもっともな理由からいきますと、この2種類のグラフィックスカードを効率的に使い分けることで、バッテリー省電力性能とパフォーマンスを、ユーザーが好みに応じて、自由にチョイスできる点がありますね。

実はこのダブル搭載、確かにAppleが新採用した目新しい技術にも見えますけど、すでにNvidiaからは「Hybrid SLI」テクノロジーとして紹介済みだったようですよ。軽めの作業をこなす時は、バッテリー消費電力を抑えるためにも、省エネ仕様の統合グラフィックスプロセッサを指定して用いるのに対し、フルパワーを必要とする重めの作業をこなす時には、最高性能のグラフィックスカードの恩恵にあずかるといった感じで、なかなか賢い使い分けをしてくれるそうですね。もちろん、両方のグラフィックスカードをフル稼働させて作業に臨むモードも選択可能です。

ちなみにWindows向けのHybrid SLIでは、この各モードの使い分けや、ノートPCが電源につながれているかどうかの判断に合わせたチョイスが、ほぼ自動的に行われるようになっているとのことですが、新MacBook Proでは、ダブル搭載されたグラフィックスカードを同時にフル稼働させるモードを選択することはできず、どちらのグラフィックスカードを利用するかの選択も、かなりユーザーがマニュアル操作で指定することが求められているようですね。ただし、これを上手に使い分けできるようになると、バッテリー持続時間には格段の差が見られるようになり、GeForce 9400Mでは、バッテリー連続駆動時間が5時間に達するのに対し、GeForce 9600M GTだと、4時間しか持たなくなってしまうそうですよ。

ところで、こうした表向きの理由とは別に、もう1つ、かなり興味深い考察も出ているようですね。それは何かと申しますと、次期Mac OS X 10.6となる「Snow Leopard」の登場をにらんでいるという点です。

このSnow Leopard、すでに明らかにされている大きなアップグレードポイントの1つに、グラフィックスカードのGPUが持つ高度な演算性能に、通常はCPUに割り当てられる非常にパラレルなタスクをこなしてもらうという点が挙がっています。ここが、Nvidiaも現在、かなり力を入れて研究開発を進めてきたポイントと重なっているそうですね。

自分は膨大なるグラフィックス性能を必要とするパワーユーザーなんかじゃなくって、ただインターネットを見て、ちょっとした書類作成とか画像編集を行う、ごくごく平均的なユーザーに過ぎないから、豪勢にもグラフィックスカードをダブルに必要としたりはしない…。そう思ってしまったあなた、実は今後のSnow Leopardへのアップグレードを前にして、OSがグラフィックスカードに依存するレベルも高まってきており、それゆえに新MacBook Proへのダブル搭載にも、まだこれから明らかになってくる深い意味合いすら込められている可能性を否定できないという見方が語られているようですよ。

ということでMacラブな皆さま、今回は超華やかなアップグレードではなかったですけど、新MacBook Proは決して損はなさそうですよ!

matt buchanan(原文/訳:湯木進悟)

>

【関連記事】

[Giz Explains] 絶対使うケーブル写真付き徹底ガイド

[Giz Explains]タッチスクリーン・マジックの種明かし

[Giz Explains] モバイラー必読! こんなに充実してる世界のスマートフォンOSを徹底解説