iPhone対応アプリ、大学のカリキュラムで一斉開発中

iPhone対応アプリ、大学のカリキュラムで一斉開発中 1

若き優秀な頭脳を結集し、iPhoneアプリを量産せよ!

Android搭載端末も姿を現し、まさにスマートフォン市場も戦国時代の様相を呈してきた感じですが、やはり天下の分け目は、対応アプリケーションの完成度によるところも大きいのではないでしょうか?

抜け目のないAppleは、米高等教育機関の優秀な人材を取り込もうと、無料の支援プログラム「iPhone Developer University Program」の提供を開始しましたよ。

最大200名の教授および学生から成る開発チームへ、iPhoneやiPod touchで稼働するアプリケーション開発に必要とされる、SDKを始めとしたリソース、テストやデバッグツールなどを無料で提供するというもので、各自が開発したアプリケーションを、チーム内で配布して評価を進められる環境も構築されているようです。

Appleとしては、教育分野での貢献度を高めていきたいとの目的を明らかにしていますが、ただし重要なポイントとしまして、iPhone Developer University Programを通じて誕生した優れたアプリケーションは、スムーズにApp Store上で配布できる体制も十分に整えられているのだとか…

これぞ、Appleの願いであり、iPhoneユーザーの思いなのかもしれませんね。優秀な才能に恵まれた学生って多いですから、ここはさらなるワンダフルなiPhoneアプリの登場に、大いに期待であります!

[Program page via AppleInsider]

Kit Eaton(原文/湯木進悟)

【関連記事】

新アプリ登場 : 琴を奏でる「iKoto」、宇宙生命体潰しゲーム「Plasma」(動画)

iPhoneのバッテリー、寿命短すぎて騙されたとの訴えは、原告が敗北

合法的にSIMロック解除されたiPhone、まずは香港から発売