ウォルマート店内で見つけた妙なiPod

ウォルマート店内で見つけた妙なiPod 1

ギズ読者のMitchel Jonesさんが地元のウォルマートでこんな妙な物体を見つけました。

iPodの陳列棚なのにiPodとは決定的に違う十字のこれはいったい…? 新型iPod Nano? アップルもついにあの象徴的なホィールを脱却する? ―と思いきや、真相はMitchelさん自身が書いてるように、あんまり愉快な話じゃなさそうです。たぶん、売り場詐欺

だって相手は天下のウォルマートですからね。「Friendship Star International Limited(深圳市友星○○技術有限公司)」とかが出してるメディアプレーヤーそっくりな気がしますけど、そんな会社と取引きがあるわけないし、増してやこんな著作権・商標侵害の商品を店頭に並べるわけもなし。

一番考えられるのは、商売魂旺盛などっかの若者がiPod買って、うんと安い模造品に中身を入れかえて返品し、全額返してもらった、という線じゃないですかね。

ウォルマート店内で見つけた妙なiPod 2
どう見たってiPodには見えない…

Mitchelさん、お店の人に説明したんですけど聞き届けてもらえなかったようです。ティーンの女の子が買って中国語の『Two and a Half Men』見飽きて返品した時になって初めて分かってもらえるんじゃ? -Thanks, Mitchel!

John Herrman(原文/訳:satomi)

【関連記事】

「白い」iPod touch!?

Meizu社CEO「iPhoneのパクリに見えないよう苦労しました」

中国産、小粋な iPhone っぽい何か