Mac miniが製造停止? 欧州販売店に出荷停止、次はナシと告げる

2008.10.23 23:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タグ:APPLE , MAC
081021Mac_mini-dead.jpg


「もうMac miniの発注ができない」

昨日(火曜)行われたアップルの決算報告直前に、米GizmodoのJDの地獄耳にヨーロッパの大手販売店2社からこんな情報が入ってきました。

まず真っ先に考えるのは、「アップデートモデルが来るサイン」という可能性ですけど、情報を提供してくれた方たちはアップルに、もう次はこないものと思ってくれと言われたそうなんです。アップルストアに行けば、まだ注文はできますが、製造停止という意味なのでは、という印象を受けたのだそうな。

不景気で需要はこれからのはずなのに、消えちゃうんでしょうか、Mac mini。

Mac miniは、2005年1月のマックワールドで「一番安いMac」(ジョブズ)として登場し大きな反響を呼んだ製品です。アップルはこの製品を、新しい周辺機器を買わずに乗り換えたいWindowsユーザーに最適な、Mac Proの廉価なオルタナティブと位置づけました。

しかし。このApple Cubeの息子は(先の製品同様)シェア獲得に失敗。iMacとMacBookがトップセラーとして脚光を浴びる影で、Mac miniはどんどん後ろに追いやられていきました。発売から6回もハードのアップデートをしてるにも関わらず。最後のアップデートは2007年11月で、ちょっと他のMacに比べて古い感じは否めません。例えば802.11nサポートがなかったり、667 MHzのフロントサイドバス、945GMのチップセットという他より2世代前のものを使っています。

アップデートとか、製品交代ならいいんですけどねー。でも、アップル税なんかものともせず、NY五番街のアップルストアでMacBookがパンケーキのように売れてるとこ見ると、「御用済みなのかな」と、ついつい思ってしまいます。


Jesus Diaz(原文/訳:satomi)


【関連記事】
Mac miniの筐体をひたすら自作する人
スチームパンクなMac mini
Mac Pro Miniのイノベーション

UPDATE: Mini→miniに修正しました。ご指摘のコメントありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア