あさってから来た次世代ステルス爆撃機の模型

あさってから来た次世代ステルス爆撃機の模型 1

ボーイングとロッキードマーティンから、次世代のステルス爆撃機の模型が出ました。

開発したのはボーイングのR&D部門ファントム・ワークス。大きなダイヤ型のボディに、長い翼、レーザーのような形状のノーズ。その姿形はステルス爆撃機 B-2 Spiritに似ています。

正面から見ると、チョコ食べ過ぎた悪者みたいな切ない風貌です。

あさってから来た次世代ステルス爆撃機の模型 2

これは漫画ではない、「我々が今取り組んでいる事業を代表する」れっきとした本物のプロトタイプなのだ、とBoeing Advanced Systemsは説明に躍起。新型爆撃機では既存技術統合によりコスト削減を目指してますから、特に新しい技術の開発は必要ないようですね。

あさってから来た次世代ステルス爆撃機の模型 3

ノースロップグラマンの提唱するNGPのデザインはちょいと小太りで、とても洗練とは呼びにくいものかもしれませんけど、武器格納スペースを広くとるよう意図されたものであることは明らかです。まるで核兵器1個投下してもまだ余力があるような。

Ares via Defense Tech

Jesus Diaz(原文/訳:satomi)

【関連記事】

1200億円の爆撃機、木っ端微塵に(動画)

約1200億円の爆撃機、事故でゴミ屑と化す

F-117ステルス戦闘機の解体シーン