あなたの顔を、あっという間に地域限定でモテモテにしてくれるソフト

あなたの顔を、あっという間に地域限定でモテモテにしてくれるソフト 1

           

美は見る人の意識の中に存在し、好みは十人十色です。

でも、美しさにも法則があるのでは? という意見もありますよね。ということで、New York Timesにも取り上げられたTommer Leyvandさんの新しい美化ソフト「Beautification engine」をご紹介したいと思います。

Leyvandさんは68名のイスラエルもしくはドイツの男女に、一番美しいと思う写真を選んでもらい、サンプリングしたデータを基に美の共通項を計測し、パーツ部分のアルゴリズムを作成して魅力のルールを顔のイメージにあてはめるソフトを開発したのです。目のサイズとか、顎の丸みとか、額の広さなどなど。

この、美化ソフトを使うと、どうなるのか? というと、上記の女性のショットを見れば一目瞭然。顔が根本的に変わってますよね。顔の特徴のバランスをちょこちょこっと変えるだけで、印象がこんなにも変わってしまうなんて、けっこうショッキングですよね。

まぁ、美のアルゴリズムをあてはめて、以下の写真のように面白いことが起こることも…。

あなたの顔を、あっという間に地域限定でモテモテにしてくれるソフト 2

         

ビフォア&アフターであんまり違いが分からない場合、ソフトが大多数の顔のパーツをあっけに取れれるほどハンサムだと判断したことになります。ということは、あんまり変化が見受けられないWoody Allenさまも、鼻以外はパーフェクトな美男子ということに。

今回は、イスラエルとドイツだったけれど、100の異なる国で「美しいと思う人投票」をしてみたいと感じました。そうすれば、新しい美の定義を割り出し、きっと美の世界基準を割り出すことができるんじゃないかと思うんです。もしくは、美に対する人の好みは沢山ありすぎて、結局、世界中の誰もが美しいと思う顔なんていうのは無くて、好みは人それぞれだってことを学ぶ事になるかもしれませんけど。試してみたくありません?

それでは、もっと、いろんな人のビフォア&アフターを見てみたい人は、こちらをチェックしてみてください。ちなみに5人目がLeyvandさんだそうです。

NYT via BBG

Wilson Rothman(原文/junjun )

【関連記事】

1枚の顔写真から3Dで表情が変わる動画を生成

クリスタルの中に自分の顔を3Dで掘り込む

自分の顔をダークナイトの悪役にしてしまうアプリ「The Dark Knight : HaHaHa」