ハイタッチを電力に変換

ハイタッチを電力に変換 1

少なくとも人を幸せにするアイディアだとは思います。

人が嬉しいときにやる「ハイタッチ」。このハイタッチのエネルギーを使って発電し、パン屋を運営するのに必要な電力を供給したらいいじゃん、という単純明快なアイディアです。分解すると、

美味しそうなパン屋がある

嬉しくてハイタッチしたくなる

ハイタッチする

発電

というサイクルを想定しています。そしてパン屋さんに必要な電力がたまる、と。

なんだか不思議な説得力がある、と思ったのですがダメですか? だってみんな美味しいサンドイッチやパンは好きですよね? それに確かにハイタッチするなり「カワイー!」って叫ぶエネルギーなりって無駄に使われてる訳だし。よりよいサステイナブルな幸せを明日にもたらすハッピーなアイディアではないでしょうか。

ただひとつ心配なのは、この有用なエネルギーが邪悪な存在によって悪用されることです。神よお守りください…

Cunning

Mark Wilson(MAKI/いちる)

【関連記事】

2008・春のトリンプユニークブラは「太陽発電ブラ」

まとめ : こんな時代の エコ発電 20本

4567億円のクリスマスツリー? 世界最大のビル、モスクワで建造へ