プーチンの愛犬、GPSつき首輪をつける

プーチンの愛犬、GPSつき首輪をつける 1

ロシアのプーチン首相が進めていたロシアのGPSプロジェクト「GLONASS」は17日ついにシステムが動作を開始した模様です。

そして、プーチン首相の愛犬ブラックラブラドールの「コニー」にはGPSのついた首輪が装着されました。首相によれば「しっぼを振っているから気に入ったみたいだ」そうです。相変わらず無駄に格好いいですね。

「GLONASS」は元々2008年初頭に導入が予定されていましたが、計画が難航し、遅れ、修理などにより、完全に24機の衛星システムが世界をカバーして動くのは2009年の終わり頃になりそうだとのことです。また、今年中にはロシア国内をカバーできるようになるそうです。

AP

Dan Nosowitz(MAKI/いちる)

【関連記事】

「StarChase」:GPS発射システム

車で屋根につっこんでおいてGPSに罪をかぶせる男

狙った獲物にGPS追跡端末を撃ちこむ「ID Sniper」UPDATE:大統領→首相と間違いを修正しました。ご指摘のコメント、ありがとうございます。