降りたい駅を表示して、あとは人の親切心に期待するアイマスク(動画)

人の心にはまだ暖かさが残っているのか、壮大な実験だとも言えます。

マンガ家のピョコタン先生が発明したこちらの「のり子さん」は、降りたい駅電光掲示板式に表示してくれるアイマスクです。

いったい何に使うのかというと…このアイマスクをつけて電車の中で寝ていれば、自分が降りたい駅は表示されているわけだから、目的駅が近くなったら前に立ってる人が起こしてくれるんじゃないか、と、まあそういうことを期待しているわけです。

もちろん空いた席にはその人が座れるので、起こしてくれる人にもメリットがあるというWin-Winなシステム。ピョコタン先生は実際に「のり子さん」をつけて、山手線に乗り込みました。

さてはて実験は上手くいったのでしょうか? 結果は動画をご覧ください。

Internews via Pink Tentacle

Sean Fallon(MAKI/いちる)

【関連記事】

移動中の仮眠はこれでばっちり

満員電車でかがされたら頭に来るあの臭いの発生メカニズムを解明

「黙れ!ケイタロー」:マナーにうるさい貴方のために