待受画面で情報確認ができる「モバイルウィジェット」

待受画面で情報確認ができる「モバイルウィジェット」 1

いや、あれにそっくりなんですけどね…。

ソフトバンクの新サービス「モバイルウィジェット」。これは、Windows Vistaでいうところのサイドバーガジェットのようなもの。ケータイの待受画面上に貼り付けたアイコンで、インターネット上のさまざまな情報をリアルタイムで表示することができます。

現在のところ対応機種は931SHだけですが、今後発売される機種は順次対応していく模様です。

実際の画面は上の写真の感じ。待受画面上に好きなモバイルウィジェットのアイコンを配置しておけば、すぐに情報の確認ができます。

ちなみに931SHでは、待受画面上に3つのモバイルウィジェットを表示させておくことが可能。なお、931SHは待受画面を4ページ切り替えて使用できるので、最大12個まで表示可能ですね。

もうちょっと詳しいことは以下に。

 

待受画面で情報確認ができる「モバイルウィジェット」 2

モバイルウィジェット自体は、「ウィジェットストア」という専用サイトからダウンロードしてきます。iPhoneでいうところのApp Storeみたいなもんです。無料のものも有料のものもあります。

待受画面で情報確認ができる「モバイルウィジェット」 3

これをダウンロードしてケータイに保存。待受画面上にドラッグ&ドロップして貼り付けていけばOKです。

もちろん、貼り付けていないモバイルウィジェットも、データフォルダから起動させれば使用できますが、毎回終了させる必要があります。

なお、モバイルウィジェットはオープンソースとなっており、各社が独自のモバイルウィジェットを開発、配布することが可能。今回サービス開始にあたり、モバゲータウン、ニコニコ動画、MySpace、mixiがモバイルウィジェットを公開します。

なんかもう、ケータイなのにパソコンみたいな感じになってきましたね。孫社長イチオシのサービスなので、これからのソフトバンクはこのモバイルウィジェットが標準化されていくことでしょう。

モバイルウィジェットは931SH発売と同時にオープンしますよ。おそらく11月の下旬くらいです。

ニュースリリース[ソフトバンクモバイル]

(三浦一紀)

【関連記事】

iPhoneでワンセグが見られる大容量バッテリー「TV&バッテリー」

メアドだけでプレゼントが贈れる「ソフトバンクギフト」

上戸彩ちゃんと樋口可南子さんに贈られたティファニーケータイ