20年先の飛行機「Stratos」(英)

20年先の飛行機「Stratos」(英) 1

A380にも勝る、スタイリッシュな翼。

ボーイングでもEADSでもない、英国の元航空宇宙エンジニアのグループが提案した「Stratos」という後退翼の旅客機のデザインです。翼幅72.2m(237ft)。高度1万4325m(4万7000ft)の上空を時速934kmのスピードで飛びます。機能はA380顔負けの内容。

• 後部にロールス・ロイス トレントのようなエンジン2台搭載(最大9万5000lbf)

• 雲高1万6700m

• 505 cruise speed at 47,000 feet

• 全長63.4m

• 走行距離1万9300km

• 乗客256人収容(all-sleeperの寝台型、ダブルデッキ)

現代の飛行機より燃料効率が良く、環境にやさしいのが特徴と、グループでは話しています。ですけど、今のところはデザインだけで、サービス開始は2028年を目標にしてます!

Flight Global

Jesus Diaz(原文/訳:satomi)

【関連記事】

世界最大のジェット旅客機「エアバスA380」初就航(動画)

画期的な新デザイン旅客機

ボーイングの次世代旅客機は、レゴのように組み立てられる