誰でもプロの映画カメラマンになれるキヤノン「5D Mark II」(動画アリ)

手を伸ばせば、そこに東京がある感じ。

ピューリッツァー賞受賞の報道写真家ヴィンセント・ラフォレの作品(下)には敵いませんけど、あっちは撮影クルーも美女も機材もヘリも総動員ですもんね。

我らがAkihabara NewsのフォトグラファーDavid Michaud君はそんな贅沢とは無縁です。東京で5Dで撮影3日、フランスでMBPでFlorent Porta氏が編集2日、そして仕上がったのがこの5分の美しい映像なんですけど、いやあ、とても5日で仕上げたとは思えない出来栄えです。

2700ドル(本体価格。24-105mmキットレンズ込みだと3500ドル)の5Dとアートな目さえあれば、ちゃんとこれだけのものが撮れるんですねー。

手ブレがやや気になるところもありますけど、これはRedrockのシネマタイジング用機材で簡単に解消できるし。友だちと脚本・音響・キャスティングまで揃えたら、素敵な映像作品ができそう!

あ、再生のときには「HD」というのクリックしてくださいね。

後半には暗がり、夜の街を車で行くシーンもありますよ。

キヤノン:EOS 5D Mark II[Akihabara News]

John Herrman、Matt Buchanan(原文1原文2/訳:satomi)

【関連記事】

安くて軽くてよく写る! 家族向けデジタル一眼「EOS Kiss F」をオススメしたい10の理由

D90を買ってみた・Ai Nikkor 50mm F1.2Sで録ってみた(動画あり)

噂のオリンパスデジタル一眼レフ中級機「E-30」発表!