61m先から撮った写真で合鍵が作れるソフト

61m先から撮った写真で合鍵が作れるソフト 1

まさかストリートビューで合鍵作れちゃう、なんてことはないですよね…。

「高解像度の写真さえありゃ合鍵ぐらいお茶の子よ」

という町一番の腕自慢のロックスミス(鍵兵衛)も真っ青な新ソフトが誕生しました。

カリフォルニア大(UC)サンディエゴのコンピュータサイエンティストらが開発した「Sneakey」は、この合鍵作りのプロセスをちょっと怖しいレベルまで簡略化した新ソフトです。ケータイで撮ったブチブチと粒子の粗い写真はもちろん、200フィート(60.96m)離れた場所から5インチのテレフォト(望遠)レンズで狙った写真でも合鍵が作れちゃうのです。

「プログラムの使い方はシンプルです。写真をクリックしてキーのトップ、その他いくつかのコントロールポイントの位置がどこか教えてやると、あとは鍵のサイズと位置を標準化してくれます。各ピクセルとも所定の距離に対応しているので、ひとつひとつのカットの高さも正確に推量できるのです」と語るのは、最近UCサンディエゴからコンピュータサイエンスの修士号を取得したばかりの、本論文の第1執筆者Benjamin Laxtonさん。

この研究者たちはまだコードは一般公開していませんけど、MatLabとコンピュータビジョンのテクニックを実地で覚えて、それなりに知識のある人なら誰でも似たようなシステムはそんな苦労しなくても作れるよ、と言ってます。そんな彼らからの忠告はこう。「鍵は、クレジットカードを扱うように取り扱おうね」

またひとつ僕らみんなに心配の種を増やしてくれて、ありがとう。

[Sneakey via USCD via Slashdot]

Sean 'Satan Spew' Fallon(原文/訳:satomi)

【関連記事】

世界一頑丈な鍵の製造会社Medeco vs クレジットカード

【アンケート】財布や鍵以上に大切なガジェットって?

絶対に自転車を盗られない鍵のかけ方