ビジネスからご家庭まで幅広く使える超小型プロジェクタ「プロジェクタ X Pro920M」

ビジネスからご家庭まで幅広く使える超小型プロジェクタ「プロジェクタ X Pro920M」 1

待ってました! こういうの欲しかったんですよ。

なんと手のひらに載っちゃう、超小型プロジェクタの登場。その名も「プロジェクタ X Pro920M」。メーカーは海連です。なんとサイズは90W×44H×80Dmm、重さ190gっていうんだから、ポケットにだって入っちゃいますよ。

小さいけれど左右を逆に投影する反転投影もサポートするなど、機能は本格派。1mの距離から投影した場合、25インチサイズで表示されます。

ビジネスからご家庭まで幅広く使える超小型プロジェクタ「プロジェクタ X Pro920M」 2

端子はD-Sub 15pin。外部ディスプレイ端子付きのノートパソコンと組み合わせれば、いつでもどこでも大画面でのプレゼンテーションができますね。

そして、もっとかっこいい使い方を紹介しましょう。

 

ビジネスからご家庭まで幅広く使える超小型プロジェクタ「プロジェクタ X Pro920M」 3

 

同じく海連が発売している、簡単にマルチディスプレイ環境を実現できるUSB接続マルチディスプレイアダプタ「サインはVGA」と「スマートフォン接続キット」を使用すれば、なんとスマートフォンからの出力も可能。ノートパソコンよりもさらにモバイルな感じで、まさに21世紀ですね。

個人的には、将来的にネットブックとか携帯電話にプロジェクタ機能が搭載されてくるような気がしてるんですよ。このプロジェクタ Xを見てさらに確信しました。

気になるお値段、プロジェクタ Xは3万9800円。2009年1月中旬発売予定です。サインはVGAは9800円、スマートフォン接続キットは7280円です。

プロジェクタ X Pro920MサインはVGAスマートフォン接続キット[海連]

(三浦一紀)

【関連記事】

超小さいプロジェクター

最強のプレゼンツールになるかもしれない「ケータイ×プロジェクタ」

超小型プロジェクター。映像サイズは普通