フセインの海の宮殿クルーザー「Basra Breeze」、3000万ドルで売却へ

フセインの海の宮殿クルーザー「Basra Breeze」、3000万ドルで売却へ 1

ヘリ着陸用デッキ、防弾ガラス、ミニ潜水艦に通じる秘密の避難通路付き

イラク政府高官が2日、サダム・フセインが残した海に浮かぶ宮殿「Basra Breeze」(写真)を数週間以内に売り出すことを、明らかにしました。推定半額、3000万ドルの超お買い得とか。

オランダの造船会社が1981年、最初のイラン-イラク戦争勃発時に製造したものです。金・銀・マホガニー・大理石をつかった豪華絢爛な「アラビア風」の内装が特徴。全長270フィート(82m)。

 元々はアラビアがペルシアに勝った戦いに因んで、「Qadissiyat Saddam」という名前でした。35人のクルーが永久スタンバイでアラビアの海に10年間常駐していたのが、なぜかサウジ王家がゲトり(クエート侵攻の影響か?)、「al-Yamamah」と改名。

昨春ヨルダンのアブドラ・ビン・フセイン国王の手に渡り、イラク政府が返還求めてフランスの裁判所で争っていたのが無事決着し、晴れて売却の運びとなりました。現在ニース停泊中。

地対空ミサイル収納スペースもついてます(兵器別売)。

[DangerRoom, Boston Globe, Guardian]

Kit Eaton(原文/訳:satomi)

【関連記事】

三胴式の米海軍新型戦闘艦は意外にもお値段控えめとのこと

ボロ船を装ったCIAのスピードボート

富豪アブラモヴィッチよ、そんな軍艦ビスマルクのようなクルーザーでどこへ行く

※ご指摘のコメントありがとうございます。修正しました。