CNNのホログラム生中継の種明かし

CNNのホログラム生中継の種明かし 1

シカゴの現場リポーターをNYのスタジオにビームで召喚!?

いやー、昨日の大統領開票速報ではCNNの「ホログラム中継」動画)が大好評でしたよね。

右に立ってるのは同局初のバーチャル女性特派員となったジェシカ・イェリン(Jessica Yellin)、左は報道アンカーのウォルフ・ブリッツァー(Wolf Blitzer)です。いつもは能面みたいなのに、ちょっと声が上ずってましたよね。

それにしても、こんな3Dの360度の映像を、どうCNNの選挙報道本部まで繋いだんでしょうね?

アーサー・C.・クラークが言った日本語)ように、その答えは「魔法(Magic)」。そう、これはVizrtとSportVuのテクノロジーにHDカメラ44台、コンピュータ20台の助けを借りて実現した魔法なのです。と、もったいぶらずに、以下で種を明かしちゃいましょう

 被写体サイド:

HDカメラ35台使用。被写体を円陣に囲んで狙います。

・映画「マトリックス」みたいに、カメラは1台1台別々のアングルで撮影し、全身の映像を送ります。

・これらのカメラはNYにある報道本部のカメラ複数に繋がっており、角度をシンクロしながら遠近を正しく調整。

・システムはオバマとマケインの選挙本部の野外に停めたトレーラーの中に設営しました。

・カメラ通信のメカニカルな追跡だけでなく、赤外線も使ってますよ。

・特派員は37インチのプラズマを眺めており、そこに、合成後の映像のフィードが返ってきます。髪が曲がってたりしたら、これで直せるので便利。

・コンピュータ20台でデータをムシャムシャ処理し、使える状態にします。

本部サイド:

・CNNには40台ぐらいのカメラからフィードがドッチャリ送られてきますが、使用するのは2台分だけ。

・司会のブリッツァーはものすごくこれ(orジェシカちゃん)がお気に召したようですよ?

やっぱりジェシカ・イェリン…ですよね。ジェシカ・イェリンに見えます。もう、ジェシカ・ウェリンだって、こちらから見ても分かりますよ。画面の向こうのみなさんの中には、これ見てナーバスになってる人も大勢いそうですよね。ありがとう、ジェシカ。最高のホログラムでしたよ。

ラグは気にならない程度。衛星生中継でラグあるの当たり前になっちゃってるので、あっても気がつかないだけかもしれませんが。

・ずらっと並んだコンピュータが被写体サイドから送られてくる情報処理後フィードを取り込んで、ウォルフ氏のサイドから流れてくる動画にメッシュします。

・というわけで、残念ながらCNNのスタジオのフロアに実際映像が"投射"され、フェイス・トゥー・フェイスで話ができているのとは、ちょいと違うようです。なので、まだ『スタートレック』みたいなところまでは行ってません。コンピュータが動画フィードをひとつに合わせて初めて、ホログラムと脚本がうま~くひとつになっている、というわけですね。

Jason Chen(原文/訳:satomi)

【関連記事】

CNNニュースに出演中の政治評論家たちのラップトップを盗み見してみました。

テレビ出演中に自分のPCで野球観戦してたあの人への愛がつまったPhotoShopコンテスト

動きを察知するテレビたち(動画あり)[CEATEC2008]