顔面電気ショックで音をビジュアライズする「face visualizer」(動画アリ)

物憂げな、長く深い溜め息の、理由が徐々に解明されていきます。

出だしは単に「ウィンクが苦手なタイプね」と。でも我慢して眺めてると、そんなおざなりな感想じゃ収まりがつかなくなる動画ですね。

iTunesのビジュアライザがいくらクールだって言ったって、この真鍋大度(Daito Manabe)さんの肉体&催眠系電気刺激マシンface visualizer」には敵わないような…。電気ショック療法みたいな器具を顔にテープで貼りつけて、音に合わせて筋肉を動かしています。

動画クレジットは、

打ち込みやプログラムは僕がやっとりますが、音色やミックスは澤井妙治君がやっています。最高です。そして、デバイスは設計が照岡さん、制作がガッチャンこと原田克彦君です。

元々はIAMASの赤松正行さんのゼミで照岡さんがゲストで来た際に顔面を動かしたのがきっかけであります。あれからもう5年。。。(真鍋さんブログより)

ん? セカイカメラ赤松氏? ひゃー。

曲に顔がぴったり合ってる、その秘密はこちら。使用器具の写真はジャンプ後にどうぞ。アムステルダムにも似たようなことしてる仲間がいたので、そちらの動画も置いておきましょう。この人間業じゃない表情筋の水準の高さが、ご理解いただけるかと。

 

顔面電気ショックで音をビジュアライズする「face visualizer」(動画アリ) 1

顔面電気ショックで音をビジュアライズする「face visualizer」(動画アリ) 2

Daito Manabe[MAKE

Dan Nosowitz(原文/訳:satomi)

タイトル、本文修正しました。ご指摘ありがとうございます!

【関連記事】

iTunes 8に搭載かもしれない、美しい新ビジュアライザー(動画)

音痴なビジュアライザ『おまもりんごさん②』

セレブ専用超リアルなスペアナ(動画)[Make:Tokyo Meeting 2008]