リリース迫る「iPhone 2.2」アップデート、年内は見込み薄…の搭載断念機能がザックザク

リリース迫る「iPhone 2.2」アップデート、年内は見込み薄…の搭載断念機能がザックザク 1

iPhoneでストリートビューって、そんなにも大切かよ?

すでに着々と「iPhone 2.2」ファームウェアアップデートの準備が進んでおり、ナビゲーションにも対応した、グーグルのストリートビューなどが提供されることに、ほぼ決定してはいるんですけど、このほど最終リリース前に開発者向けに出回ったベータ2版を分析するに、もう各所から失望とブーイングの嵐が沸き起こってますね。

まずは、とにもかくにも、なにゆえ再びコピー&ペースト機能の搭載を見送らねばならなかったのか、アップルへの抗議でいっぱいです。続いて、相変わらず携帯電話なのに、画像や動画を駆使したMMSは使えません。あと、iPhoneを横にして、ワイドな画面のランドスケープモードにて、メールやテキストメッセージの文字入力をすることは、依然としてできません。それからそれから、せっかくのプッシュ通知サービスも、サードパーティー製アプリでは、引き続き動作しません。

考えれば考えるほど、iPhoneでは、ユーザーの期待を裏切る、できないことばかり…。待望のアップデートも、この内容では期待薄でしかないとの厳しい評価が、すでにネット上を駆け巡っている感じですね。

あっ、ただしiPhone 2.2では、ライン入力端子で接続するオーディオサポートが追加され、録音機能の強化が確実になっているとのことですよ。う~ん、でも確かに、これくらいならば、平凡なマイナーアップデートにしか思えないというユーザーも多いだろうなぁ…

[Boy Genius Report]

Dan Nosowitz(原文/湯木進悟)

【関連記事】

iPhoneがFlashをサポートする日はいつ?

iPhone2.2はストリートビューと絵文字もある?

アップルの”netbook”と噂の新製品は、実は「iPhone 3.0」かもしれない…