爪楊枝と紙コップ製のスピーカーがLo-Fiを新たな高みに導く!?

爪楊枝と紙コップ製のスピーカーがLo-Fiを新たな高みに導く!? 1

この、とっても身近なものばかりを組み合わせてつくられた「CupSpeakers」は、Dmitry Zaggaというデザイナーの作品で、なんと普通の紙コップ何本かの爪楊枝、そしてiPodのイヤホンでできているんです。

Zaggaさんは、ボリュームに1番力を入れたようです。そして、下手すると小学生の夏休みの自由研究風な!? このDIYプロジェクトを、彼の写真は、まるでスティーブ・ジョブズのPowerPointからそんまま抜き出した風に表現しています。

それでは、どれだけシンプルか、仕組みをお見せしたいと思います。

 

爪楊枝と紙コップ製のスピーカーがLo-Fiを新たな高みに導く!? 2

爪楊枝たちが、紙コップをつなげる役割をしています。そして、紙コップの底部分に、ひとつ穴をあけてイヤホンを差し込んで固定すれば完成!

紙コップの形の効果で、音は良い感じで反響して、凝ったエレクトロニクスとは、また一味違った良さをかもしだします。といえ、別に本物のスピーカーと競い合うつもりはないので、そのあたりを念頭においてもらえればと思います。でも、Dmitryのユーモアのセンスを感じられる、楽しいプロジェクトだと思いませんか?

あなたも、DIYしてみてはいかがでしょう?

Yanko

Dan Nosowitz(原文/junjun)

【関連記事】

塩ビパイプでスピーカーを自作しまくる人々

PCスピーカーをオシャレにする

ビクター「SX-WD5KT」:手作りスピーカーで人肌の音楽を