どうする? サイが反乱をおこしたら?

     

これ、B級映画ではありません。

実は、今回お届けしたビデオは東京の上野動物園で実施されたサイが抜け出しちゃった時を想定した捕獲予行演習の風景なのです。サイは一目瞭然ですが、2人の動物園スタッフがサイのコスチュームをかぶって、サイになりきりながら動物園を歩きまわっています。

見て下さい! サイがゆっくりと、それでいて威圧的なかんじで保安部隊に向かって歩いて行く姿を。聞いて下さい! この特撮もの風なドラマチックな音楽を! ゴジラかと思いました(笑)でも、サイが逃げる時ってもっと攻撃的というか、突進してくるんじゃないの? と思ったりしているうちに、ついにクライマックスを向かえます。

サイは保安部隊に、麻酔銃ならぬ麻酔ダーツでバ~ンと打たれ、ゴロリと倒れ捕獲されました…。演習だし、サイは気ぐるみなのは分かってるけれど麻酔ダーツが撃ち込まれる姿は、ちょっと痛々しいかんじかも…。

それにしても、気になるのは上野動物園では他にもライオンとか、キリンとか、サルとか、いろんなバージョンのもしもの時の捕獲練習があるのかな? もし、これだけなら、なぜサイ? 

[Arbroath via Neatorama] 

Adam Frucci(原文/junjun )

【関連記事】

どこから見てもぬいぐるみな携帯「くまふぉん」最新版

鹿の目にはとても有効なデジタル・カモフラージュ生地「Optifade」

息抜き:ダースベーダーのコスプレをするリス