京都の竹でできた電気自動車「BamGoo」(バングー)

京都の竹でできた電気自動車「BamGoo」(バングー) 1

これで「世界に『Kyoto』を発信する」のだそうです。

これは京都大学と京都の企業、研究所、京都市などが共同開発した「BamGoo」(バングー)でできた電気自動車です。

エコフレンドリーな竹という素材を使って、竹細工職人が「丈夫で軽く、変形しやすい竹の特性を生かした5種類の伝統技法を駆使」して作ったのだとか。

エンジンはトヨタ社製。重さは約60kg。一回の充電で50kmほど走れるんだそうです。京都はこれでしか走れないという法律にしちゃうと、観光地としてよりユニークになるかもしれませんね。

[YOMIURI ONLINE , Daylife]

Elaine Chow(MAKI/いちる)

【関連記事】

バットマン叔母の車? ジェット搭載のミニバン(動画&写真集)

これどうやって充電するよ…な、中国らしいソーラー軽自動車が格安発売

地上を時速1600km超で駆け抜ける、真の世界最速ロケットカーが開発中!