「脱いでもスゴイんです…か?」と尋ねなくてもよい、ムフフなソフトを大学で開発

「脱いでもスゴイんです…か?」と尋ねなくてもよい、ムフフなソフトを大学で開発 1

あわわ、服を着ててもヌードになっちゃう…

写真さえあれば、高速処理で、その人のヌード姿を3D表示させちゃう、恐るべきソフトウェアが開発されてしまったそうですよ。怖い時代になっちゃいましたねぇ…。もうこっそり「覗き」なんてもんじゃありませんよ。服を着てる写真さえあれば、堂々とヌード鑑賞されちゃうわけでございますから、もうまったく!

いやいや、そんな悪用しちゃうことばっかり考えちゃいけません。これはなんでも、天下のインテル様も資金面でバックアップする、米ブラウン大学で進められた、れっきとした研究プロジェクトなのでございます。犯罪捜査時に、カメラなどに映った映像から、その人物の性別、身長、体重、スリーサイズに至るまで、たとえ変装して姿を偽ろうとも、瞬時に容疑者の真相を計測して、大いに捜査に役立てるといった用途が説明されており、フランスはマルセイユで開催された情報処理に関する学会「ECCV 2008」にて、正式発表も行われたそうです。

すでに同ソフトウェアは、実用化に向けた特許申請なども完了しているようですよ。ちなみに注意書きとして、あくまでも服の下のヌードモデルは、コンピュータ処理から導き出された想像上のモデルであり、服を透視化して、他人の裸を覗き見るようなことはいたしませんと、ご丁寧にも説明が…。

な~んだ、なんて思っちゃいました?

[Eurekalert]

Adam Frucci(原文/湯木進悟)

【関連記事】

人工知能実現へまた一歩:Elbot、チューリング・テストを25%突破する

世界で1番リラックスできる部屋

セロハンテープでX線写真を撮影(動画)UPDATE:「情報処理学会」 → 「情報処理に関する学会」と修正しました。