日本で単機能ガジェットは流行る? 流行らない?

日本で単機能ガジェットは流行る? 流行らない? 1

2008年、TIME誌が読者の投票により定めたガジェット・オブ・ザ・イヤーのトップはなんと「Peek」。3つまでのメールアドレスを登録できる、メール専用端末です。気になるお値段は100ドルプラス月々20ドルの利用料金と、電話機能を省いたおかげでかなりのロープライスを実現。iPhoneが発売されたときに「絵文字が」「ワンセグが」「おサイフケータイが」といった声が湧き出てきた日本では厳しそうなアイテムですが、海の向こうでは多くの支持を集めたようです。

そういえばあっちでは読書専門マシーン「Kindle」も流行りましたっけ。対してメモ書き専用ガジェット「ポメラ」に対して「ビューアーとして使いたいのに1ファイル8000文字しか入れられないってどういうこった!」な声が湧き出てきた日本の反応はほとんど「( ´_ゝ`)」。

日本では単機能ガジェットは流行らないのでしょうか。W.W.Walkerさんのエントリーを読むと、やっぱり日本の製品はどれだけ至れり尽くせりなのかと感じますが、いやいや待ってください。「らくらくホン」はお年寄りだけではなく20代にも売れたし、フイルムを使ったトイカメラのブームは根強いですし、前述した「ポメラ」は一部に大人気で売り切れ続出ですよ実のところ。

ストイックなガジェットはニッチ市場かもしれないけどイケるんじゃね? と思いたいけどマス重視なモノばかり評価される日本ではやっぱり厳しい? どうでしょう。皆様の意見も聞かせてください。

「TIME」が選ぶガジェット・オブ・ザ・イヤーに『Wii Fit』「Xacti」など[iNSIDE]

(武者良太)

【関連記事】

トイ・オブ・ザ・イヤーのWild Planet社よりスパイ玩具シリーズが来秋登場

本家Gizmodoがウェブログ大賞2部門を受賞

日本のブロードバンド接続環境と、IT発展度