クロコダイルに人間の供物を鼻先まで捧げる豪州新観光名物「死の檻」

クロコダイルに人間の供物を鼻先まで捧げる豪州新観光名物「死の檻」 1

シャークケージで海に潜るだけじゃ飽き足らない文明人たちが、またこんなもの考えたようです。

ワニの目と鼻の先まで潜る、人呼んで「Cage of Death(死の檻)」。豪州北部ダーウィンのテーマパーク「Crocosaurus Cove」に今年7月オープンになった新アトラクションです。

全長5.9mの海水クロコダイルと観光客を隔てるものは、厚さ4cmのアクリル樹脂のケージだけ。大口開けて齧りつくド迫力のクロコにチビる夫、それを写真に撮る妻。そんな構図ですかね。

ノーザン・テリトリー(豪州北部準州。首府ダーウィン)では海水クロコダイルは崇拝の対象であり、私たちの暮らしの一部。誰かさん家のプールで泳いだとか、誰それの好きな馬を殺したとか、いつもニュースになってますよ」(担当・Michaelさん)

そうそう、そういや先月も豪州北部でクロコダイルの胃袋から人体が出てくるニュースがありましたっけ。

こんな屈辱の任務に選ばれたクロコ君は「チョッパ(Choppa)」という弱そうな名前です。同じアミューズメント内で体重2000ポンド(907kg)の獰猛なクロコダイルたちと戦って喧嘩に負け、前歯2本折られた暗い過去のお陰で、白羽の矢が立ちました。チョッパに起死回生のチャンスはあるんでしょうか。

Daily Mail

Jack Loftus(原文/訳:satomi)

【関連記事】

サメ・アタックで運命の分かれ道

ジェットパックを背負って空中へ! 初飛行体験者の怖かった感想をチェック(動画あり)

蜘蛛に襲われる恐怖を蜂に疑似体験させる装置UPDATE:リンクの修正をしました。ご指摘のコメントありがとうございます。