それはさすがに高すぎる、SFO<strike>ケン</strike>リュウのリボルテック

それはさすがに高すぎる、SFO<strike>ケン</strike>リュウのリボルテック 1

いくらなんでも高すぎでしょう、かかとの位置が。

関節可動域の広すぎることでおなじみ、REVOLTECH。写真は今年10月から発売されているStreet Fighter Onlineシリーズの第一弾「リボルテック SFO リュウ」。股関節の可動域はご覧の通り、高すぎるかかと落としもお茶の子さいさいですね。

各関節がグリグリ動くことに加えて、キャラクターの細かな雰囲気も、かなり忠実に再現されています。リュウのリボルテックには開いた手と「ほとばしる青い何か」が別パーツで付属。これで波動拳も完璧に再現できますね。現在はリュウの他、テイラン、ヒコ、ザンギエフ、バイチョウフ、ケン、チュンリーの合計7キャラクターがリボルテック化。残るキャラも順次登場するとのことです。

ちなみに最新作はこちらのチュンリー。フンドシみたいなチャイナドレスなのか、チャイナドレス風のフンドシなのかは、意見の分かれるところですね。

それはさすがに高すぎる、SFO<strike>ケン</strike>リュウのリボルテック 2

ストII世代の私としては、ダルシムの手足の伸び方を再現したリボルテックを期待したいところです。SFOにも登場しないかな…。

気になるお値段は1680円。他のキャラクターも同じです。こちらは、高すぎないので一安心。

REVOLTECH STREET FIGHTER ONLINE

(常山剛)

チュンリー
リボルテック SFO チュンリー

それはさすがに高すぎる、SFO<strike>ケン</strike>リュウのリボルテック 3

リュウ
リボルテック SFO リュウ

それはさすがに高すぎる、SFO<strike>ケン</strike>リュウのリボルテック 4

【関連記事】

好きなエロポーズを楽しめる綾波レイ

Amazonダンボーに対抗する取次ダンボーが誕生

ちょっとクールな初音ミクの改造フィギュア

 UPDATE:ケン→リュウへ修正、情報追記しました。ご指摘コメントありがとうございます。