キュートだけど本格志向なUSB-MIDIコン「KORG nano」

キュートだけど本格志向なUSB-MIDIコン「KORG nano」 1

USBハブとピッタリサイズのバックがオマケセットモデルもあるよ!

大きくてゴツくて値段も高い機材と、小さくて可愛くてお値段控えめなモノ。むかしちょっとだけ楽器やってた、音のことはよくわかんないけどチャレンジしたいといった、Let's DTMチャレンジな方にはもちろん後者のほうがオススメ。

しかし可愛い商品はあっても、小ささとお値段の面で、皆々様にオススメできるモデルがなかったのが現状でした。

この冬からは違いますよ! なんてったって「KORG nano」が出ますからね!

コルグの本社で開催されたブロガー向け説明会に出席したのですが、あまりのキュートさに顔ほころびっぱなし。キーボードとドラムパッドとフィジカルコントローラの三兄弟がいて、どれもUSBバスパワーで動きます。MacBookなら4台くらいつなげても大丈夫だそうなので、両手用にキーボード×2&パッド&コントローラなんて組み合わせもできそう。

 鍵盤タイプの「nanoKEY」は、ノートパソコンと同じようなパンタグラフキー。そのくせちゃんとベロシティを検知するこだわり仕様。グリッサンドのしやすさは、フツーのキーボードの比じゃないです。これ、キーボードの新たな演奏方法が編み出されそうですよ。付属ソフトはソフトシンセ「M1 Le」。

トリガーパッドとX-Yパッドを搭載した「nanoPAD」もなかなかマニアック。1パッドに複数のノートナンバーを指定できるので、和音も奏でられます。12種のオーケストラヒットを用意しといたら楽しそう! またセッティング次第で、カオスパッド的な使い方もできるとか。「Ez Drummer Lite」のライセンスももれなくプレゼント。

9ノブ、9フェーダー、18スイッチの「nanoKONTROL」は、いままでフィジカルコントローラを使っていなかったDTMerさんどうですか? ミキシング時や音色を作り上げるときのストレス、めっちゃ減りますよ。あと3モデルすべてにDAWソフト「Ableton Live」のディスカウント・クーポンがついてきます。

カラーは白/青と黒/灰の2タイプ。そして気になるお値段はお1つ5000円前後(実勢価格)。MIDIコントローラの価格じゃないですねコレ。

結局オモチャなんじゃないの? と思う方はこの動画を見てみてねー。

発売は単体の白モデルが11月23日、セットが12月下旬、黒モデルが12月4日、セットが1月下旬となっています。自分へのクリスマスプレゼントに、どうですか1台。

nanoシリーズ[KORG]

(武者良太)

KORG SLIM-LINE USB KEYBOARD nanoKEY コルグ
KORG SLIM-LINE USB KEYBOARD nanoKEY

キュートだけど本格志向なUSB-MIDIコン「KORG nano」 2

KORG SLIM-LINE USB CONTROLLER nanoKONTROL コルグ
KORG SLIM-LINE USB CONTROLLER nanoKONTROL

キュートだけど本格志向なUSB-MIDIコン「KORG nano」 3

KORG SLIM-LINE USB CONTROLLER nanoPAD コルグ
KORG SLIM-LINE USB CONTROLLER nanoPAD

キュートだけど本格志向なUSB-MIDIコン「KORG nano」 4

【関連記事】

DS用音楽制作ソフト「KORG DS-10」はAmazon限定商品

DS-10を爆音で楽しむイベント(動画あり)

チープなエレクトロサウンドにほっこりする電子楽器「スタイロフォン」(動画)