これは10円玉か、はたまた100円玉か!? 硬貨にしか見えないUSBメモリ

これは10円玉か、はたまた100円玉か!? 硬貨にしか見えないUSBメモリ 1

間違ってもレジで小銭と一緒に出してしまいませぬよう…

「お客さま~、あの~、それ、ちょっと金額が違うんですけど…」な~んて教えてもらえたらいいほうですよ。そのままどういうわけか、お金と間違われちゃって没収されちゃったら、大切なデータごと失いかねませんよね。

まあ厚みがあるから、よほどのことがないと、本当に10円玉か100円玉にでも見間違えちゃうことはないと思うんですけど、かなり紛らわしいですよ。でも、ちょっと独創的なデザインが、かっこいいかもです。

5.5 Designersが手がけた革新的なデザインを、LaCieが、耐衝撃性&耐久性も備えるメタルダイキャスト製に仕上げた「CurrenKey」USBメモリは、ブロンズカラーが4GBモデル、シルバーカラーが8GBモデルとなっています。USB 2.0インターフェースで、WindowsとMacに両対応と、使い勝手もよさそうですね。通常はUSBコネクタが本体内部に収納されており、ツイストさせると引き出すことができるようです。

ちなみにCurrenKeyは、ラシージャパンから、日本国内でも発売中! ここのUSBメモリコーナーには、なにやら他にも良さげなユニークデザインの渋い製品が並んでますよ。

[LaCie via Crunchgear]

Sean Fallon(原文/湯木進悟)

【関連記事】

マイナスイオンでUSBメモリの音が良くなる?

キン肉マンたちが腹筋するUSBガジェット

USBメモリで勤怠データ管理