アンドロイド第2号はこの「zzzPhone」でしょうか

アンドロイド第2号はこの「zzzPhone」でしょうか 1

CrunchGearのジョン・ビッグス編集長がAndroid第2号を発見しましたよ。それがAndroid一筋のモトローラじゃなく、Nokiaでもソニー・エリクソンでもなくて、検出場所は中国大陸なんです。

QWERTY配列フルキーボード搭載のスライダー式携帯「zzzPhone」の最新モデルで、Android OS搭載なことは見たら分かりますよね。製品サイトは携帯がズリズリ落ちてくる、1994年なデザインです。

Androidというのみならず、この謎の携帯には突然変異とも言うべきパワーが備わっており、できないことは何もないのです。

 

zzzPhoneは、グーグルAndroid OSを搭載した世界初のロック解除済みクアドバンド携帯です。世界中どこでも使えるだけでなく、仕様はパーソナライズ可能。ケースはお好みの7色からお好きな色を選んでカスタマイズできるほか、GPS、Wi-Fiその他15のオプションが追加でご購入いただけます。

このパワフルなスマートフォンはメモリー容量最大32GBで、QWERTY配列のフルキーボード、小型ブームボックス、プロジェクタなどパチンと嵌められるモジュール式の周辺機器を世界で初めて装備しました。地上最高の拡張性・適応性を備えた携帯です。

 (中略)強化機能にはパチンと嵌められる世界初のプロジェクタ、QWERTY配列のフルキーボード、ステレオスピーカー4台、拡張バッテリー寿命最大2週間、and MORE!!! (ABOUTより)

「MORE!!!」ってなんでしょうね、これだけ並べて「MORE!!!」って。

ジョンが注文してみたら、10日で届くと言われたそうです。世界中で使える寿命2週間のプロジェクタ付き携帯なら400ドルか500ドル?と思いきや、気になるお値段たったの119ドル。 数ドル足せば、別カラーにできるんです。G1やiPhoneより安いなんて。

あとそうそう、金ボディの好きな位置にダイアモンド埋め込んだバージョンは22万5000ドル(約2150万円)で、1カラットのダイヤ14個の埋め込み位置はウェブでドラッグ&ドロップで指定できます。手が震えますね、ははは。ご注文はジョンに実機届いて、ダンボールか空耳か中身見てからでも遅くないでしょう。

[Zzzphone via Crunchgear]

Jesus Diaz(原文/訳:satomi)

【関連記事】

Android携帯「T-Mobile G1」を、契約SIMカードなしでも利用できちゃう裏技

初のAndroid携帯「T-Mobile G1」の全機能一巡デモ、UIはスムーズ(動画)

AndroidとT-Mobile G1の欠点ワースト5