普通の電池の3倍もつ新技術「Zinc Air Prismatic」

普通の電池の3倍もつ新技術「Zinc Air Prismatic」 1

ギズで電池ネタが珍しいのは、コンシューマ市場で電池に動きが少ないせい。でもこれは久々のニュースですね。

名前は「Zinc Air Prismatic」(写真)といいます。似たサイズのアルカリ乾電池やリチウムイオン電池よりバッテリー寿命が3倍長い、「コンシューマ用携帯電源ソリューションでは最高のエネルギー密度」の電池です。来月のCES 2009開催に向け、市場シェア25%の米Energizer社が新技術として今盛んにPR中みたいですね。

空気亜鉛電池というのは亜鉛空気反応(亜鉛が酸素に触れ酸化すること)を活用し、安価&パワフルな電池製造法として知られるものです。補聴器に使われてるので知ってる方も多いかと(空気亜鉛電池のもっと大きなバージョンが店頭に出ない理由については分かりませんね。これ読んでる方でこの技術の製造に詳しい人、います?)。

残念ながら空気亜鉛電池は充電不能ですから、このEnergizerの「Zinc Air Prismatic」も充電は無理かな?

Energizer

Mark Wilson(原文/訳:satomi)

【関連記事】

ペンキのように塗れる太陽電池?

アルカリ電池の100倍の電力を誇るプラスチック電池

[Giz Explains]バッテリーの抱える問題