キヤノン5D Mark II初レビュー「期待通りだった」

キヤノン5D Mark II初レビュー「期待通りだった」 1

話題のキヤノン5D Mark IIは「請求額なりの価値はある」、「目を奪う映像だ」と、レビュー一番乗りのPop Photoが書いてます。

映像クオリティーはこれまでのPRで信じ込まされてきた通りで、SonyのA900並みの膨大なメガピクセル数、 NikonのD700にも比肩するクリーンな映像です(どちらもPop PhotoがISO 6400で行ったノイズテストで得点2.0)。別の言葉に置き換えると、「これだけの高画素数とISOだと使ってる人のフォトグラフィーを変えるでしょう」。なにしろ美しいそうです(もうみんな知ってますが)。

一番の欠点はオートフォーカスがスローーーーなこと。これはD700とA900よりもうんと遅くて、暗いところでは更にひどくなるようですよ。 Pop Photoでも悪名高い黒のbotchesがカメラのショットの一部に感染しハイライトが飛んでしまったそうな。でも、これはもしかしてファームウェアのアップデートで直るんじゃないかと書いてます。

とにかく「ワオ!」であり、「暗い場面の映像クオリティーは人生を変えるというものに近い」らしいです。5D持ってる人もアップグレードの衝動に逆らえないかも。レビューは全文(英文)是非チェックしてね。

[Pop Photo]

matt buchanan(原文/訳:satomi)

【関連記事】

EOS 5D Mark II、明日発売です!

誰でもプロの映画カメラマンになれるキヤノン「5D Mark II」(動画アリ)

2110万画素フルサイズCMOS搭載の「EOS 5D Mark II」発売決定!