懐かしのファミコンコントローラーを、ド派手なブレーキランプ風にDIYしちゃいました!

懐かしのファミコンコントローラーを、ド派手なブレーキランプ風にDIYしちゃいました! 1

こりゃもう暴走族もビックリって感じですよ…。

前の自転車、なにやらまぶしいライトつけるてるなぁと思いきや、そのブレーキランプのような輝きは、あの懐かしのファミコンのコントローラーやないですか! 一発芸に終わりそうではありますが、一昔前の世代なら、そのこだわりに共感してくれるかもしれませんね。

もう壊れて動かなくなり、部屋の片隅に眠っていた任天堂NES(米国版ファミコン)のコントローラーを、久しぶりに見つけてしまったDaniel Bauenさん。捨てるには惜しいし、愛着もあるし…、そうだ、これを愛車の後ろに載せて、後続車を驚かせてやろう。どうせやるなら、超明るいに越したことはないしねってノリで、全12個ものLEDライトを組み込み、スイッチをONにするとバッテリで駆動するブレーキランプ風にDIYしちゃいました。

ベルトストラップになってるので、ライトを消して、さりげない腰周りのアクセサリーとしても、なかなかの出来映えなんだとか。これをつけて、クリスマスツリーの横に立ってみると、イケるかもしれませんね。

[Instructables via MAKE]

Mark Wilson(原文/湯木進悟)

【関連記事】

影をLEDの光に変換:「Stromer」

壁一面に咲く、LED製のタンポポ綿毛

カラフルに光るベンチ:座る人を素敵にライトアップ