iPhoneを飲酒検知器にハック! 息を吹きかけると、瞬時に分析オッケー(動画)

酒飲みとiPhoneって、最高の組み合わせかも…!?

飲んだら、乗るな。

乗るなら、飲むな。

そりゃぁもう当然なんですけど、でも、こちらの動画の兄ちゃんさながら、あんた、それで運転オッケーはないでしょ…って場面で、いつも持ち歩いてるiPhoneが威力を発揮してくれますよ。

大胆にiPhoneを分解して改造後、背面に呼気アルコールテスターを搭載して完成した、こちらの「duiPhone」は、アプリを起動して、”Blow”サインが表示されたら、勢いよくマウスピースに息を吹き込むことで、瞬時に呼気を分析し、アルコール検知システムが作動します。酒気帯び判断が出ると、iPhoneの画面上には、タクシーを呼ぶように促すボタンが表示され、そのままダイレクトにタクシー会社へと電話をかけれちゃうといった流れで、なかなかよくできてますよね。

まだ検知システムも、基盤むき出しという状態で、これから改良が必要なんでしょうけど、こうやってiPhoneをハックして、いろんな奇抜なアイディアで盛り上がってる人たちが増えてるのは、うれしい限りであります。

あっ、でもちなみに、こちらの動画に出てくるのは「iPod touch」でして、実際にはiPhoneでも同じように動くんですけど、やはり改造が関係してるので、テスト機としては価格の安いiPod touchを用いざるを得なかったとの注釈が付いておりますよ。あしからず。

[Tellart-Thanks M.]

Jesus Diaz(原文/湯木進悟)

【関連記事】

iPhone App : UEIから高機能な文書作成アプリ「ZeptoLiner」が発表

アップルのiPhoneアプリ審査はグーグルさえも翻弄する

何故iPhoneのプッシュ・ノーティフィケーションサービスはまだ提供されないのか