「PCアップグレードさせちゃおうかなぁ」と思わせる!? オタク・ラップ

ついに、オタク・ラップが Aesop Rocks、Lupe Fiascos、 Kool Keiths の世界に属する歴史的な瞬間を迎えてたかもしれません。

オタク・ラップといえば、米ミシガン州立大学の大学院生ユニットLarge Hadron Rapが素粒子物理学をテーマにしたラップで人気が出ましたが、今回ご紹介しているのは、Sniper Twinsという二人組のラッパー。「Computer Friends」は、おなじみのキーワードを使って韻を踏みながらキャッチーなメロディにのせて、コンピューターのアップグレードを促しています。というのも、このプロモーションビデオのスポンサーはSeagateだから。

繰り返し「1.5テラバイト、メモリを空まで積み上げよう」というフレーズが・・・。ついつい頭から離れなくなるから、思わずもっと大容量のストレージが必要なのかも!? と洗脳されちゃう人もいるかもしれません。そんななか、私は、どうせお金を使うならSSDに使った方がいいんじゃ? なんて思ったり・・・。

ちなみに、ビデオに登場するのは、メモリー、プロセッサー、POP email、顔文字、iMacs、デジタル・テレポーテーション、サイバースペース、イーサネット、USB、クッキー、ウイルス除去プログラム、ロボトロン、プロクシーサーバー、FTPs、VSTプラグイン、修復済みのDELL、P2Ps、PayPalそして、1.5テラバイトのハードドライブなどなど。おなじみのキーワードがてんこ盛りですね。

[Tech Crunch]

Adrian Covert(原文/junjun )

【関連記事】

シーゲイト「2014年、iPodは容量1テラバイトの時代を迎える」

Seagateの外付けハードドライブがおしゃれになった

Leopardのディスクユーティリティで起こるフォーマットの不具合を直す方法