健康保険がきくピストル?(関連動画あり)

健康保険がきくピストル?(関連動画あり) 1

これは関節炎など手に障害のある人でも使える銃「Palm Pistol」です。

米食品医薬品局(FDA)が「クラスI医療機器」と認めたのを受け、製造元のConstitution Arms社が現在、保険が適用できるよう申請中のアイテムです。通ると、医者の処方でピストルが買えるようになります。

「医者の処方でピストル買う~!?」

いや、まったく驚くのも無理ないんですが、理屈の順を追うと、こうなりますかね。

(1)アメリカでは合衆国憲法修正第2条(下)で、国民に銃を携帯する権利を保障している。

規律ある民兵は、自由な国家の安全にとって必要であるので、人民が武器を保有し、携帯する権利は、これを侵してはならない。

(2)でもシニアや体の不自由な人は市販の拳銃が使いづらいので、権利が十全に守られない。

(3)人並みの暮らしが営めるよう補助する拳銃なのだから、これは医療補助機器。

(4)医療補助機器なら、健康保険が下りるようにしよう。

---

「Palm Pistol」は、1883年特許「Chicago Palm Pistol」をリデザインしたような外観ですが、今のは「親指1本」で発砲できる単発銃というところが違います。製品情報サイトには、「これ以上なく簡単に狙い撃ちできる」とあります。

これからは下の動画の武装おばあちゃんみたいに、シニアも侮れないということですね。

 

Sean Fallon(原文/訳:satomi)

【関連記事】

マドンナ、靴底にピストルを仕込んでプレミアに登場

288連発!驚異のゴム輪銃「Disintegrator」(動画)

本当の宇宙人が持ってそうな光線銃