残念ながら企画倒れ気味な「ドライバードリル・カメラ」

残念ながら企画倒れ気味な「ドライバードリル・カメラ」 1

ピコーンとひらめいたグッドクリティカルショックウェーブなアイディア。でも本当に使えるものかどうかは蓋を開いてみるまでわからないようですね。

出オチ以外のナニモノでもない「ドライバードリル・カメラ」。 上原ゼンジさんの「001」で発掘しました。「キッチュレンズ工房」というブログも持っている氏はカメラマン兼編集者兼ライターさん。面白撮影方法を思いついてはいろいろと試されているようです。消臭ビーズをレンズ代わりにしたり、鏡で万華鏡を作って撮影したり、その思いつきの幅はかなりのもの。下記リンクからFlickrのページに飛ぶと、フシギでステキな写真がいっぱいぱいなんですよ。

しかしこの「ドライバードリル・カメラ」で撮れるカットはなんといいますか…。氏も「企画だおれか……。」と書かれていますが、うん、まあ、ええと、お疲れ様でした。

ドライバードリル・カメラ[001]

(武者良太)

【関連記事】

新進気鋭のチェコ人写真家のカメラは超リサイクル

世にも奇妙な カメラ まとめ

ポール・スミスとLomoがコラボしたトイカメラ