自分で締まり具合を教えてくれるネジ「SmartBolts」

自分で締まり具合を教えてくれるネジ「SmartBolts」 1

キャビネットを組み立ててる時とか、ネジの締め具合が緩すぎたり、締めすぎたり、ころ合いがよく分からなかったりしますよね?

そんなお悩みを解決してくれるアイディアを、頭のいいエンジニアの人たちが思いついてくれました! その名も「SmartBolts」。

どう優れているかというと、なんと、ネジの締まり具合によって、頭の部分に表示される色が変わるんです。

赤なら緩すぎ。グリーンならちょうどいい。黒ならキツすぎ。といったかんじです。なので、ちゃんと締められてるかが一目瞭然だし、常にパーフェクトな締め具合でいろんなものを組み立てられます。

もともと、このSmartBoltsは工業用や医療用としてデザインされたもので、耐久性もそれぞれ20年を約束されているそうです。20年が短いか? 十分か? は用途によって違ってくるかもですが、色で教えてくれるなんて、便利だし画期的ですよね!

仕組み、気になりますよね。SmartBoltsは流体圧縮を測って、リアルタイムで色を変えるというシンプルな技術を使っているそうです。故障の原因になりがちな可動部がないので、それもまた、ポイント高いのかも。

SmartBolts via medgadget

Mark Wilson(原文/junjun)

【関連記事】

ネジそっくりのビデオカメラ

Stanlay「FUBER」:万能工具

19種類のツールに変身する小型工具「Micro-Max tool」