1000歳のルーン文字が刻まれた石碑がデジタル映写でストーリーを語る。

          

博物館、特に歴史博物館は展示会に新しいテクノロジーを導入するのに苦労しがちというか、苦手なようです。でも、デンマークのラーネルスにある博物館では、そんな悩みはありません。

というのも、デンマークでは1000年前の石碑に刻まれたルーン文字の翻訳もデジタル映像化して、その魅力を拡大させているのです。

この、ルーンストーンは人が近づくと文字の刻まれた石碑の表面にデジタル映像で、痛ましく、激しく、そしてドラマチックにストーリーが映し出され、石碑が語り始めます。このエフェクト、映像を観ているだけでも、とってもカッコ良いですがそれだけじゃありません。

ストーリーが進んでいくと映像は石碑の上を去り見ている人側の世界に入ってきます。そして、石碑の上に戻してってお願いするので、頼まれた人は好きなパーツをヒュっと石碑に向かって押してあげると、あるべき場所に戻っていくんです。

カッコイイうえに、参加型で楽しそうですよね。近くの博物館にもこんな企画展があればいいのになぁ...。

ちなみに、このテクノロジーと上手にコラボしたルーンストーンは、オルフス大学の好意により、デンマークのラーネルスにある博物館で展示されています。

[CAVI Digital Experience]

John Herrman(原文/junjun)

【関連記事】

ロスの博物館に現れた迫真のディノザウルス(動画)

レゴ歴代セット全てが眠る秘密保管庫(動画)

昭和世代に贈るラジカセ博物館

買い手がつかぬまま地下に眠る「世界最大のレコードコレクション」(動画あり)

「鉄道博物館」見学のTips集(前編)