オンボロ車で生き抜くためのガジェット10

オンボロ車で生き抜くためのガジェット10 1

うちの弟、こないだ30万マイル超えの老朽車、とうとう処分しましたよ。潰して、燃やして、メッタメタに壊して…。「わかるな~、その気持ち」という同じ苦しみを抱える(でも愛車を手放したくない)オンボロ車オーナーにそっと贈りたいサバイバルガジェット10

オンボロ車で生き抜くためのガジェット10 2

1.  ガソリンタンク : Flow n' Go Duramax

サイフォン装置内蔵。ガソリン最高14ガロン持ち運べます。[Hammacher via Jalopnik

オンボロ車で生き抜くためのガジェット10 3

2.  携帯用バッテリー : Duracell Powerpack 450

ボロ車オーナーのマストハブ。押しがけバッテリー上がったときの充電にも使えますよ。タイヤも膨らますことができます。車のバッテリーに負担をかけずに携帯用ガジェットをなんでも充電。 音声機能付きなので、どんな状況でも音声の指示に従って切り抜けることができます。[Duracell via Link

 

オンボロ車で生き抜くためのガジェット10 4

3. 車専用救急キット : Houdini Tools

老朽車オーナーたるもの常に不測の事態に備えることが肝要。事故車・水没車に必要なもの全て揃ってるHoudini救急キットです。[Houdini Tool via Link

オンボロ車で生き抜くためのガジェット10 5

4.  消火器 : PinQY

オンボロ車はいつ何時燃え出してもおかしくないものです。そこでハンドヘルド消火器「PinQY」。これ1台で小さな出火はほぼなんでも消せます。手榴弾のような外観も、大きなプラスですね。[PinQY via Link

オンボロ車で生き抜くためのガジェット10 6

5. 動くナンバー

あの憎きスピード違反監視カメラ! これはボタン1個でナンバーを隠す、モーターつき偽ナンバープレートです。でも、こんなもの使う前にスローダウンしようね。これ、思いっきり違法ですから…[DealExtreme via Link

オンボロ車で生き抜くためのガジェット10 7

6. 車用バンドエード

傷・凹みだらけの老朽車のお手当てに。普通は修理屋連れてくか、ディーラーで新しい車に買い換えるかですけど、このマグネット付きバンドエードならたった数ドルです。[Jalopnik

オンボロ車で生き抜くためのガジェット10 8

7. 助手席専用ダミー : Carpool Kenny

オンボロ車オーナーは助手席になかなか人を誘いづらいもの。でもそれではいつまで経ってもHOVレーン(相乗りで走れる快速レーン)は走れません。そんなお悩みをお抱えの貴方に「Carpool Kenny」。空気を膨らませるだけで人に見えますよ。[Big Mouth Toys

オンボロ車で生き抜くためのガジェット10 9

8. 芳香剤 : HanzOff

ポンコツの臭いに対処する、シンプルな空気フレッシュナー「HanzOff」です。元気の出るひまわりの香りが車全体に広がりますよ? 運転中の妙な“衝動”を抑えるプラスアルファの効果も…。[Merch Bot

オンボロ車で生き抜くためのガジェット10 10

9. DIYステレオ

ステレオが壊れても大丈夫。ちょっと見た感じゲットーですけど、安上がりだし、何よりDIYできるのが◎ですね。[Hardware Secrets and Link

オンボロ車で生き抜くためのガジェット10 11

10. 衝撃吸収ジャケット : Impact Jacket

どう大目に見たって老朽車は一番安全な車とは言えませんよね。エアバッグがついてたって、もしかして動かないかもしれないし…。「だったらエアバッグを着ちゃえば?」と生まれたのがこちらの「Impact Jacket」です。車から万が一放り出されても衝撃をばっちり吸収。ヘルメットとの併用も悪くないアイディアですね。[Impact Jackets via Link

[Image via Flickr

Sean Fallon(原文/訳:satomi)

【関連記事】

クレイジーすぎる文具 まとめ

まとめ:世界の最新ハイテクなマウス20.

【V36スカイラインクーペ】試乗体験のまとめ

まとめ : こんな時代の エコ発電 20本

乗っちゃダメ! な奇妙自転車10選

*UPDATE: 訂正しました。ご指摘ありがとうございます。