あの「ハドソン川の奇跡」をもう1度! 水面に不時着するコックピットからの手に汗握る緊張を再現(動画)

これをマジでやり遂げたのは圧巻でしょう!

米国はニューヨークのラガーディア空港から、ノースカロライナ州シャーロットへと向かっていた、US Airways(USエアウェイズ)のエアバス「A320」が、離陸直後にバードストライクに見舞われつつも、Chesley Sullenberger(チェスリー・サレンバーガー)機長の明敏な判断と並外れた操縦能力により、マンハッタン島のハドソン川の水面へと緊急着陸し、乗員乗客全員が無事に救助された奇跡のニュースには、本当に心を打たれましたね。

あの感動をもう1度…との思いで、ここはコックピットのサレンバーガー機長の視点から、緊迫の不時着までをフライトシミュレーターで検証してみましょう。まずは離陸後60秒で、エンジンが煙を吹き、炎さえ上がるのが客席からも確認できます。おまけに現場の上空周辺は、世界でも有数の飛行機の大渋滞地点だったんですね。他の飛行機と接触事故を起こしても、まったく不思議ではない状況だったようですよ。

その後、エンジン停止でグライダー状態のまま、一気にハドソン川の水面着陸へと突っ込んでいくわけですけど、当のシミュレーション制作側も、練習の機会さえ1度もなかったにもかかわらず、これを成功させたのは、本当に奇跡的としか言いようがないと絶賛してますね。かぶって出てくる衝撃の映像は、同じように水面への緊急着陸を強いられたものの、大破して大惨事に至ってしまったエチオピア航空961便の実写映像…。ハイジャック機で操縦能力を奪われていたとはいえ、本当に無事に不時着が成功してよかったですよね。

でもこれって、フライトシミュレーターのコースに追加されたら、病みつきになっちゃうだろうなぁ。

BBC via Neatorama

John Herrman(原文/湯木進悟)

【関連記事】

横風に抗うエアバス、ドリフト着陸成功か?(動画)

「静か過ぎて眠れない」エアバスA380

デンマークの空港での旅客機事故(動画)

離陸直後の飛行機を襲う、巨大カミナリ

V22 オスプレイ航空機がバラバラになっていく様子(動画あり)