2009年にお目見えする(かもしれない)ガジェット予想

2009年にお目見えする(かもしれない)ガジェット予想 1

さて、2009年も本格稼動してまいりました。

果たして今年はどんな新ガジェットが出て来るでしょうか? 編集部が期待を込めて予想していきたいと思います。

● プレミアムネットブック

2009年にお目見えする(かもしれない)ガジェット予想 2

ちっちゃい画面のネットブック第一波が登場して、少ししてから8インチ、9インチ、10インチ、そして12インチの画面のネットブックまで出てきました。次はWiMaxやHSDPA接続がスタンダードでついてくるネットブックに出てきて欲しいなあ。そしてお値段はリーズナブルなまま、というのが理想です。

 ● Wiiモーションプラス

E3でWiiモーションプラスを試したのですが、これこそが、そもそも僕たちがWiiリモコンに求めていた「正確で反応のいいコントロール」でした。素晴らしかったです。

任天堂がうまくゲーム開発者をまるめこんでWiiモーションプラスのサポートを実現したら、間違いなくキラーゲームタイトルが登場するでしょう。あー、でもそれだと2010年になっちゃうかな?

● Windows 7

2009年にお目見えする(かもしれない)ガジェット予想 3

恐らくほぼ失敗といっていいVistaよりも良いOSを作る能力を、マイクロソフトは、必ず持ってるはずです。彼らはVistaを広範囲に改善してWindows 7を作ると約束しています。数々の新機能、速度の改善。果てして彼らは、僕のような未だにXPを使っているユーザーを動かすことができるでしょうか?

● 99ドルのブルーレイ・プレイヤー

99ドルというのは多分に希望的観測かもしれませんけど。でもLGの発表した、ネットフリクスやYoutube対応ネットワークブルーレイプレイヤーのこともありますからね。他のメーカーも追随してくる可能性もあり楽しみです。

● 新しいiPhone

2009年にお目見えする(かもしれない)ガジェット予想 4

どんなものになるかはともかくとして、アップルが何かしら新型iPhoneを発表する可能性は大です。ギズ編集部のiPhone好きは周知事実(ほぼ全員iPhoneユーザー!)なので、みんなで楽しみにしています。新型Mac miniやiPod touch XLの噂にも引き続き注目です。

● 4Gネットワーク

回線は早いに越したことありません。なんたって50Mbps~1Gbpsですからね。実際に本格化するのは2010年以降なのでしょうが、いよいよ本格的にワイヤレス時代が到来しつつあります。

● 大型サイズの有機ELテレビ

2009年にお目見えする(かもしれない)ガジェット予想 5

今年リリースされたソニーの有機ELテレビ「XEL-1」は世界中に衝撃を与えました。あまりにも美しすぎる映像。絶対あれが未来です。

でもひとつ問題が…それはサイズ。11インチなんですよね…液晶やプラズマまでではなくてもいいので、せめて27~32インチのタイプが今年中に発売されないかなあ。

● ワイヤレスHDMI

さまざまな企業がいろいろなワイヤレスHDMI技術を持っていますが、こういうのって標準がないと結局広がらないですからね…今のところ2つの派閥が最終戦争中ですが、ぜひみなさんで握手して製品化を進めていただき、今年の年末にはケーブルレスなホームシアターが実現するといいなと思います。

● USB 3.0デバイス

2009年にお目見えする(かもしれない)ガジェット予想 6

ワイヤレスHDMIは怪しいですが、USB 3.0規格の製品は今年くらいから出てきそうです。

いろんな製品のリリースが待ち遠しいです。なにしろ通信速度が4.8Gbpsですからね。

● アンドロイド携帯

Googleのことですから、アンドロイドにはものすごい可能性があると思うんですよね。docomoもKDDIも携わる気があるようなので、今年以降継続して期待です。

● そしてそして???

編集部の予想はこんな感じですけど、みなさんはどう思います? 新型PSP? タッチスクリーン付きBlackBerry? 本物のライトセーバー? ぜひぜひあなたの予想をお聞かせください。そして、今年の年末に「言ったでしょ?」とみんなに自慢してください。

Mark Wilson(MAKI/いちる)

【関連記事】

ビル・ゲイツが(また)未来を予想「ソフトウェア革命が起こる」

絶滅予想「WiFiフォンは2012年までにほぼ消える」

ラコステが予想する、2083年のテニス(動画)