50年前から、ことごとく未来のIT製品を言い当てた驚異の研究レポート公開

50年前から、ことごとく未来のIT製品を言い当てた驚異の研究レポート公開 1

2059年モダンライフって想像できます?

まあ、想像するくらいなら、何でも自由勝手にできちゃうでしょうけど、それをピタリと言い当てていくのは、並大抵の頭脳じゃできませんよね。

でもって、この上の写真なんですけど、これは今からちょうど50年前となる1959年に出版された「Mechanix Illustrated」という雑誌の、未来のITライフを予測する「World of Tomorrow」特集記事の切り抜きであります。皆が声を上げて驚き、机の下で動き回っている、この四角い機械「Mechanical Maid」は、デザインこそ丸みを帯びて異なりますけど、人気のお掃除ロボット「Roomba(ルンバ)」のことではありませんか!

ニュージャージー州プリンストンにあるDavid Sarnoff Research Center(旧Radio Corporation of America:RCA)研究所が、これから世に登場してくるであろうIT製品を、50年も前に予測して一斉発表したWorld of Tomorrowには、写真のRoombaもどきのお掃除ロボットに加えて、全自動洗濯機、エアコン、留守番FAX電話、マッサージチェア、カード認証キー、センサーライト、電動ガレージシャッター、セコムさながらのホームセキュリティーなどなど、その後、ほぼ予測通りに現実のものとなっていったテクノロジーの数々が列挙されておりますよ。改めて今読んでみると、結構いい線行ってたんだなぁと、しばし感心することも…

それにしても、この時期には、やたらと”2009年大予測”みたいな記事とか出てますけど、ピタリと当たることなんて、恥ずかしいくらいないですよね。でも、それは恐れずに、ギズ読者の皆さまからの大予測も、コメントで募集中です。

どうぞ2009年もよろしくお願いいたします。

[Modern Mechanix Thanks Charles!]

Mark Wilson(原文/湯木進悟)

【関連記事】

ジョブズ後継者別に占う、アップルの未来予想図

怪!1697年のUFO目撃図にXbox 360のロゴが…

40年前に未来を予言した小松崎茂[全日本模型ホビーショー]