ソニー、CES終了後に大発表か! 重大な事業見直しを明らかに

2009.01.11 12:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
090110a.JPG


えっ、もしやプレステ撤退?

英Times紙が、CES 2009終了後の早い時点で、ソニーが驚天動地の大発表を行うと伝えてきましたよ。社内事業の徹底的な見直しを進め、かなり抜本的な改革によって、いくつかの主要事業を解散終了する見込みが高いのだとか。

いやぁ、ソニーといえば、昨年末にも1万6000人規模の人員削減を含む、なかなかシビアな事業改善計画を打ち出してきていましたけど、これを受けても、多くのアナリストは、まだまだ業績回復に至るには不十分という見解を発表したりしてましたからね。これまで就任以来、約3年もの間、我慢に我慢を重ねてきたソニーCEOのHoward Stringer氏が、ついに伝統的に聖域とみなされてきた所へも切り込む、鉄拳制裁を振るうことになるそうです。

それにしても、一体どの事業部が、今回の大幅見直しのターゲットとなってしまっているのでしょうか? ここはもう想像でしかありませんけど、やっぱり苦しい部門は結構ありそうですもんね。PlayStationでは、厳しい競争を強いられていますし、アップルのiPod台頭で、ウォークマンも敗北状態…。BRAVIAで液晶テレビ市場で攻勢をかけたいところですが、果たして果たして、どの主要事業の打ち切りが発表されてしまうのか?

ちなみに、今回の報道に対して、当のソニーは事実を否定する態度を示したとのことですが、米ギズ編集チームは、その対応から判断するに、かなり本当に何かの大発表がある可能性が高いとにらんでいるそうですよ。ちょっと今後の展開から目が離せませんね。


Times Online via Reuters via Kotaku

matt buchanan(原文/湯木進悟)


【関連記事】
ソニー、有機EL画面のウォークマンを発表か?
ソニー・エリクソンがPSP Phoneを開発中?
ソニーCEOが語るWiiとiPhone、iPod

  • このエントリーをはてなブックマークに追加