JR時刻表の出発時刻で作られた現代音楽

数学者が作曲をする日も近そう。

むかしむかし、フロッピーディスク時代に画像データから曲を作るソフトが秋葉原のコンピュエースで売られていたような覚えがあるのですがそれはさておき、「時刻表の音楽 -山手線のために-」は山手線各駅+稚内駅の時刻表データを以下の計算式で音符化。現代音楽やらエクスペリメンタル・メタルやらチップチューンやらのサウンドに仕立てています。

(路線ID×「時」+「分」) mod 音列の要素数

下記リンク先では「新宿駅 -オギュスト・ミュステルのために-」「目白駅 -イワン・ヴィシネグラツキーのために-」「御徒町駅 -フレドリック・トーデンダルのために-」の3曲が視聴できます。どの曲もかなり難解なのでご注意を。

時刻表の音楽 -山手線のために-[ハギプラン]

(武者良太)

【関連記事】

本日開業の 東京メトロ 副都心線 に乗ってきたよ

あの新幹線500系が各駅停車に

鉄道の日だから、鉄道ネタまとめ

JR東日本の案内ロボット、さいたまに登場予定

ミニチュア電車「Qトレイン」を運転してみた