近い未来の旅客機はこうなる!をNASAが提案する

20090111aviation-top.jpg

NASAは近い将来、旅客機はこうなるというコンセプトを発表しました。これは、より大きくより効率的で不思議な形をしているけれど、他のコンセプトよりは、風変わりではないし、陰謀術策をめぐらしていないかんじです。たとえば、原子力飛行機とか、空飛ぶ空港とかよりは…。

それでは、数々の未来の旅客機のコンセプトたちもあわせてご紹介したいと思います。

 

20090111aviation1.jpg

20090111aviation2.jpg

20090111aviation3.jpg

20090111aviation4.jpg

20090111aviation5.jpg

20090111aviation6.jpg

20090111aviation7.jpg

20090111aviation8.jpg

20090111aviation9.jpg

20090111aviation10.jpg

20090111aviation11.jpg

20090111aviation12.jpg

20090111aviation13.jpg

20090111aviation14.jpg

20090111custom_1231860821882_NASA-concept_01.gif

そして、こちらが、NASAの提案する旅客機です。

NASAのコンセプトは、スクラムジェットのデザインからヒントを得て、恐らく、20年後には実在のものになる可能性があります。けれど、先ほどギャラリーでご紹介したコンセプトの中には、絶対に日の目を見ることのなさそうなものもあります。

でも、考えてみれば飛行機の専門雑誌『Flight Global』の創刊号が発行された1909年には、どんな飛行船操縦者やパイロットも5年後に飛行機が戦争に行き、乗客はシャツやジーンズなど気軽な服装で大西洋を横断したり、80年以内に翼のある宇宙飛行機が宇宙に旅立ち、グライダーで地球に戻ってくるようになるなんて予測を信じることができたでしょうか?

確かにそうですよね。そう考えると、先ほどご紹介した時にはムリだろって思ったような飛行機が飛んでるのを目にする可能性もあるってことで、もしかすると、もっと突拍子もないようなコンセプトの飛行機が今世紀中に実用化するのかもしれません。でも、とりあえず今のところは、今後100年でどんな飛行機が登場するか想像をめぐらせてみてはいかがでしょう?

Flight Global

Jesus Diaz,(原文/junjun)

【関連記事】

画期的な新デザイン旅客機

美しすぎる近未来旅客機「X48-B」の写真

遊び心いっぱいな建築とか船とか飛行機とか

「空飛ぶ車」なんて

人類初!煙も出さずにスイスイ飛ぶ水素電池の有人飛行機(動画)