カラー液晶ミニパネル搭載で、ちょっとしたPCにもなっちゃう最強キーボード

カラー液晶ミニパネル搭載で、ちょっとしたPCにもなっちゃう最強キーボード 1

YouTubeのダラ見にも最適ですぜよ~

とことんゲーマー向けの最強仕様にこだわった、LogitechのGシリーズキーボードの最新作「G19」は、マジでスゴいっすよ! すでに前作でも、ちょっとしたモノクロ液晶ディスプレイなんか搭載されてたりしましたけど、今回は新たに、320×240ピクセルの解像度で、ミニカラー液晶ディスプレイ「GamePanel」を採用してきちゃいました。

もちろんゲーマー向けというのが元々のコンセプトなんで、手元のキーボードに、プレイ中に役立つ基本情報だとか、対戦プレイヤーとのIMコミュニケーションの会話だとか、いろいろゲームプレイをサポートしてくれるものを映し出し、ガンガン快適にゲームを究められる仕様となってはいるのですが、さすがは米GIZMODO編集チームですよね。いきなりやってくれました…

おぉぉ、これは便利だな~というGamePanelの活用法を、続きのフォトギャラリーと一緒に解説してみましたので、どうぞご覧くださいませ。

 あの「Eee PC」でネットブック旋風を放ったAsusからも、いろいろ映し出せるタッチスクリーンを搭載し、PCを内蔵してしまった「Eeeキーボード」なんて発表されてたのを、覚えてらっしゃるでしょうか?

まだEeeキーボードはコンセプトモデルで、明確な発売時期が決定していなかったりしますが、実は「G19」には、メインのOSとしては使えませんけど、キーボードとGamePanelのみで、本当にちょっとした便利技ならこなせちゃうLinux OSを装備してしまっていることが明らかになってますよ。

だから、ゲームサポート的な利用シーン以外でも、アイディアさえ浮かべば、かなりPCライクにGamePanelをフル活用できちゃったりするようです。例えば、すでに米ギズ編集チームは、次々とYouTubeの動画を再生しまくって、もちろんディスプレイサイズは限られますけど、GamePanelだけでYouTubeをダラ見しつつ、メインのディスプレイでは、平然と仕事をこなし続けるなんてことができちゃうことを実証するのに成功していますね。

あと、イメージギャラリーとして、写真集の連続表示に使用したり、Twitterの投稿をリアルタイムに流していったり、なかなか優れもののようですよ。SkypeのようなVoIPを立ち上げといて、IMだの、音声通話だのを逃さずに受けていくのにも便利だそうですね。そう言えば、Vistaには、ノートPCの天板とかにサブディスプレイを搭載して、いろいろな情報を流していく「SideShow」なんてあったりしましたけど(これって、その後どうなったんでしたっけ?)、G19のGamePanelは、対応サービスを提案するガジェットさえ充実してくれば、これはこれでイケてるハードウェアとして人気を博したりすることもあるんじゃないかと。

カラー液晶ミニパネル搭載で、ちょっとしたPCにもなっちゃう最強キーボード 2

カラー液晶ミニパネル搭載で、ちょっとしたPCにもなっちゃう最強キーボード 3

カラー液晶ミニパネル搭載で、ちょっとしたPCにもなっちゃう最強キーボード 4

カラー液晶ミニパネル搭載で、ちょっとしたPCにもなっちゃう最強キーボード 5

なお、Gシリーズの名にふさわしい、快適なキータッチ、好みのプログラムが可能なオリジナルキー、マクロの登録機能、バックライトのカスタマイズ、USB 2.0対応のハブ仕様などなど、GamePanel以外にも、光る性能装備は目白押しという感じでしょうか。

ラスベガスで先日開催された、今年のCESでの発表製品として、北米では3月にも発売が開始される予定で、Windows XP / VistaおよびMac OS X 10.4以降に両対応。気になるお値段は、199.99ドルとなっており、いくら多機能・高性能でも、これはキーボードとして許せる値段なのかどうかが気になるポイントではありますね。

matt buchanan(原文/湯木進悟)

【関連記事】

パソコン入りキーボード、Asus「Eeeキーボード」詳細

薄型でかっこいい英語キーボード「Aurora Micro」

新しいホームシアターPCの形? Asus 「Eeeキーボード」

ワイヤレスで光る極小キーボード

「アップル・キーボード+iPhone」を考えたよ