iPhone Proという妄想

iPhone Proという妄想 1

アップルファンからは賛否両論でそうですが。

ギズ読者のMat Bradyくんが考えた「iPhone Pro」です。彼が今のiPhoneに抱いている不満は3つ。「キーボードがない」「カメラが貧弱」「容量が小さい」。この点を改良したiPhoneなんだとか。

容量が60GBあり、16:9の比率のスライド式キーボードがついていて、1メガピクセルでレンズも良くて光学ズームもついたカメラを搭載、ビデオ機能もついていてiChatもできる、というもの。HTCなどのスマートフォンに近い形になっていますね。

技術的には全然不可能ではないと思います。また、キーボードは不必要なキーを省いて使いやすくコンパクトにできるし、ディレクションパッドやボタンをつけることでDSに近い機能を搭載することも可能ではないでしょうか。

iPhoneがこうなると、斬新さは薄まりますが、より売れるようになるかもしれませんね。

でもMatくん、その後のみんなの反応を読んで、考えを改めたようです。改善後のiPhone Proの画像は以下に。

 

iPhone Proという妄想 2

要するに、「オプションとして別売りキーボードを出してくれればいいんじゃないか?」ということみたいです。なるほど。スライド式キーボードはアップルが採用するとは思えませんが、別売りアクセサリーとしてなら多少は可能性が高まりますね。

Original design by Mat BradyPlanetmat—Thanks Mat]

Jesus Diaz(MAKI/いちる)

【関連記事】

1983年のiPhone? frog designのApple

iPhoneを中国で撃破! レノボのAndroidケータイ「OPhone」の貴重な写真集公開

感謝祭しばりのiPhoneアプリ集